《75》 新しい相棒を得て、もう一度、前を向く

【彩夏の“みんなに笑顔を”】病気・薬 2014年10月24日 NEW

《75》 新しい相棒を得て、もう一度、前を向く

樋口彩夏

ベッド上で安静の入院を終えて退院した私は、ひきつづき自宅療養となりました。安静時の痛みは治まったけれど、座ったときの痛みは相変わらず、つづい... 続きを読む

特養でほろ酔い、増える笑顔 広まる「居酒屋」の日

【ニュース】介護・高齢者 2014年10月24日 NEW

特養でほろ酔い、増える笑顔 広まる「居酒屋」の日

 高齢者が介護を受けながら生活する特別養護老人ホーム(特養)で、定期的に開く「居酒屋」が人気を集めている。自宅にいたころ晩酌が楽しみだった人... 続きを読む

マリでエボラ感染を初確認 アフリカで6カ国目

【ニュース】病気・薬 2014年10月24日 NEW

マリでエボラ感染を初確認 アフリカで6カ国目

西アフリカのマリ政府は23日、国内で初めてエボラ出血熱の感染を確認したと発表した。患者は2歳女児で、エボラ出血熱が猛威を振るう隣国ギニアから... 続きを読む

iPS手術、時間かけ検証 目の難病「加齢黄斑変性」患者に移植

【もっと医療面】制度・課題 2014年10月24日 NEW

iPS手術、時間かけ検証 目の難病「加齢黄斑変性」患者に移植

朝日新聞

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った世界初の移植手術が実施されて1カ月あまり。手術を受けたのは目の難病「加齢黄斑変性」の患者で、これま... 続きを読む

認知症、当事者だけの団体が発足 政策提言に取り組む

【ニュース】制度・課題 2014年10月24日 NEW

認知症、当事者だけの団体が発足 政策提言に取り組む

認知症になっても希望と尊厳を持って生きたい――。こんな思いを胸に、認知症の本人たちが自ら政策提言などに取り組む団体を立ち上げ、23日に会見を... 続きを読む

  • 《75》 新しい相棒を得て、もう一度、前を向く
  • 特養でほろ酔い、増える笑顔 広まる「居酒屋」の日
  • マリでエボラ感染を初確認 アフリカで6カ国目
  • iPS手術、時間かけ検証 目の難病「加齢黄斑変性」患者に移植
  • 認知症、当事者だけの団体が発足 政策提言に取り組む

アピタル健康相談

健康相談一覧

中学時代のニキビ痕、治る?

【答える人】乃木田俊辰さん 新宿南口皮膚科院長

5歳の孫、首が動かなくなる

【答える人】石井賢さん 慶応大学講師(整形外科)

薬飲んだら、ぜんそく症状が

【答える人】福永興壱さん 慶応大学病院呼吸器内科講師

頭部に髄膜腫見つかり不安

【答える人】浅井昭雄さん 関西医科大主任教授(脳神経外科)

両耳の脇に小さな穴が

【答える人】谷口雄一郎さん 聖マリアンナ医科大学准教授(耳鼻咽喉〈いんこう〉科)=川崎市宮前区

6歳の娘、鼻づまり・せき続く

【答える人】神尾友信さん 神尾記念病院院長

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ