広がる新型ペースメーカー 拍動を自動検出、除細動器搭載

【もっと医療面】病気・薬 2014年8月 1日 NEW

広がる新型ペースメーカー 拍動を自動検出、除細動器搭載

朝日新聞

【今直也】 心不全患者の治療で、心臓の働きを助ける心臓ペースメーカーに、新しいタイプが普及してきている。左右両方の心室の動きを調節すること... 続きを読む

《最期はどこで・2》 「生老病死」この家で 鳥取の84歳男性

【医療連載】終末期 2014年8月 1日 NEW

《最期はどこで・2》 「生老病死」この家で 鳥取の84歳男性

朝日新聞

 連載「わたしを生きる~最期はどこで~」の2回目は、家族に見守られ、自宅で亡くなった鳥取県の84歳の男性の話。40年間共に暮らし、父の老い... 続きを読む

《45》 近視の秀才?の反乱

【歴史上の人物を診る】病気・薬 2014年8月 1日 NEW

《45》 近視の秀才?の反乱

早川智

 昭和30年代生まれの筆者の世代には懐かしいハカセ君から、最近では名探偵コナンまで、マンガに出てくる秀才(たいていスポーツは苦手)は近眼鏡を... 続きを読む

小笠原流コミュニケーション術 照れないで、伝えること

【診療所の窓辺から】健康・予防 2014年8月 1日 NEW

小笠原流コミュニケーション術 照れないで、伝えること

小笠原望

 「先生、犬はいいです。犬はワンワンと吠(ほ)えてくれます。主人はなんにも言ってくれません」  少し元気の戻ってきた、高齢の患者さんの嘆きを... 続きを読む

もっと知ってほしい がんと放射線治療のこと

【がん夜間学校】病気・薬 2014年8月 1日 NEW

もっと知ってほしい がんと放射線治療のこと

加賀美芳和

昭和大学病院放射線治療科長 加賀美芳和さん 放射線治療の良い点は、がんになった臓器の形を残しながら、その臓器の働きを損なわずに治療をできる... 続きを読む

  • 広がる新型ペースメーカー 拍動を自動検出、除細動器搭載
  • 《最期はどこで・2》 「生老病死」この家で 鳥取の84歳男性
  • 《45》 近視の秀才?の反乱
  • 小笠原流コミュニケーション術 照れないで、伝えること
  • もっと知ってほしい がんと放射線治療のこと

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

両耳の脇に小さな穴が

【答える人】谷口雄一郎さん 聖マリアンナ医科大学准教授(耳鼻咽喉〈いんこう〉科)=川崎市宮前区

6歳の娘、鼻づまり・せき続く

【答える人】神尾友信さん 神尾記念病院院長

浮き出た足の静脈から出血

【答える人】佐藤紀さん 埼玉医科大総合医療センター教授(血管外科)=埼玉県川越市

36歳、白内障になり不安

【答える人】高橋浩さん 日本医科大教授(眼科)

人間ドックで「水腎症の疑い」

【答える人】大家基嗣さん 慶応大学病院泌尿器科教授

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ