《57》 「麻薬を持って海外へ」 その意味がわかりますか?

【彩夏の“みんなに笑顔を”】制度・課題 2014年4月19日 NEW

《57》 「麻薬を持って海外へ」 その意味がわかりますか?

樋口彩夏

私は普段、痛み止めとして、医療用麻薬(オピオイド鎮痛薬)を服用しています。発病当初、14歳から使いはじめたので、かれこれ10年が経ちました。... 続きを読む

レッスン5 働き者で尽くし系 ビタミンC

【Chin-Kanaの美容レッスン】健康・予防 2014年4月19日 NEW

レッスン5 働き者で尽くし系 ビタミンC

陳佳奈

今週のポイント ストレスに対抗し、美肌を作るなど、とにかく働き者 自らが酸化することによって、私たちの細胞を酸化から守る ビタミンEを再生... 続きを読む

情報編 「辞めずに休業」制度を知ろう

【大介護時代】介護・高齢者 2014年4月19日 NEW

情報編 「辞めずに休業」制度を知ろう

朝日新聞

 会社などで働く人が介護することになったとき、どんな支援制度があるか知っていますか。突然、仕事との両立を迫られ、動揺する例も少なくありません... 続きを読む

脱メタボ、保健指導が有効 男性2割、女性3割が改善

【ニュース】健康・予防 2014年4月19日 NEW

脱メタボ、保健指導が有効 男性2割、女性3割が改善

特定健診でメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や肥満とされ、積極的に保健指導を受けた人は1年後、体重や血圧などの値が改善し、男性は2割... 続きを読む

誤った造影剤注入、女性患者が死亡 国際医療センター

【ニュース】制度・課題 2014年4月18日 

誤った造影剤注入、女性患者が死亡 国際医療センター

国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)で、入院中の女性(78)が検査で誤った造影剤を注入され、16日に死亡していたことがわかった。同病... 続きを読む

  • 《57》 「麻薬を持って海外へ」 その意味がわかりますか?
  • レッスン5 働き者で尽くし系 ビタミンC
  • 情報編 「辞めずに休業」制度を知ろう
  • 脱メタボ、保健指導が有効 男性2割、女性3割が改善
  • 誤った造影剤注入、女性患者が死亡 国際医療センター

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

食事中、鼻水が大量に出る

【答える人】後藤穣さん 日本医科大学多摩永山病院耳鼻咽喉科部長

自分の意識に実感持てない

【答える人】岡野憲一郎さん 国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)

子どもの口がにおう

【答える人】川口陽子さん 東京医科歯科大学大学院教授・息さわやか外来

6歳になる孫、サ行言えない

【答える人】守本倫子さん 国立成育医療研究センター耳鼻咽喉(いん・こう)科医長

乾癬と心臓病の関係が心配

【答える人】向井秀樹さん 東邦大学医療センター大橋病院皮膚科教授

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ