【がん夜間学校】 きょう17日(水)午後7時半から 「分子標的薬」をテーマに動画生中継!

遠隔医療

【患者を生きる】終末期 2014年9月16日 NEW

遠隔医療

朝日新聞

 北海道帯広市に隣接する芽室(めむろ)町。アイヌ語の「川の源の泉や池から流れてくる川」を意味する「メム・オロ」が町名の由来で、十勝川や芽室... 続きを読む

町医者の存在、見つめ直すとき

【けんこう処方箋】制度・課題 2014年9月15日 

町医者の存在、見つめ直すとき

草場鉄周

 「家庭医療」という言葉から、皆さんは何を思い浮かべるだろうか? 「家庭の医学」「家族問題を扱う医療」。言葉通りに受け取ると、やや勘違いする... 続きを読む

補聴器、おしゃれに変身中 カラフルで使いやすく

【ニュース】介護・高齢者 2014年9月15日 

補聴器、おしゃれに変身中 カラフルで使いやすく

おしゃれな補聴器が増えている。これまでは「つけているのを知られたくない」という人が多く、なるべく小型で目立たないデザインが主流だったが、最近... 続きを読む

社会福祉法人に天下り239人 昨年度、都府県幹部ら

【ニュース】制度・課題 2014年9月15日 

社会福祉法人に天下り239人 昨年度、都府県幹部ら

 特別養護老人ホームや保育園などを運営する社会福祉法人(社福)に、都府県や政令指定都市から昨年度内に少なくとも計239人の幹部職員らが再就職... 続きを読む

老人クラブ、お年寄り増えても会員減 100万人増作戦

【ニュース】介護・高齢者 2014年9月15日 

老人クラブ、お年寄り増えても会員減 100万人増作戦

 仲間づくりを通して生きがいや健康づくり、地域貢献に取り組む「老人クラブ」。お年寄りは増えているのに、会員は減るばかりなのが悩みの種だ。そこ... 続きを読む

  • 遠隔医療
  • 町医者の存在、見つめ直すとき
  • 補聴器、おしゃれに変身中 カラフルで使いやすく
  • 社会福祉法人に天下り239人 昨年度、都府県幹部ら
  • 老人クラブ、お年寄り増えても会員減 100万人増作戦

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

5歳の孫、首が動かなくなる

【答える人】石井賢さん 慶応大学講師(整形外科)

薬飲んだら、ぜんそく症状が

【答える人】福永興壱さん 慶応大学病院呼吸器内科講師

頭部に髄膜腫見つかり不安

【答える人】浅井昭雄さん 関西医科大主任教授(脳神経外科)

両耳の脇に小さな穴が

【答える人】谷口雄一郎さん 聖マリアンナ医科大学准教授(耳鼻咽喉〈いんこう〉科)=川崎市宮前区

6歳の娘、鼻づまり・せき続く

【答える人】神尾友信さん 神尾記念病院院長

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ