STAP検証実験打ち切り 小保方氏・理研、確認できず

【ニュース】制度・課題 2014年12月18日 NEW

STAP検証実験打ち切り 小保方氏・理研、確認できず

STAP細胞をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子研究員が11月末までの期限で取り組んできた検証実験でSTAP細胞の存在を確認できなかった... 続きを読む

精神科病院を考える ㊤ 回復は社会生活の中で ロベルト・メッツィーナさん

【ファイル】制度・課題 2014年12月18日 NEW

精神科病院を考える ㊤ 回復は社会生活の中で ロベルト・メッツィーナさん

朝日新聞

【編集委員・大久保真紀】 心を病んだ人、認知症の人などが入院する精神科の病床(ベッド)は日本では34万床あります。それが世界で飛び抜けて多... 続きを読む

《25》 生殖補助医療での早産と低出生体重児

【男女で知って欲しい「妊活」】出産・育児 2014年12月18日 NEW

《25》 生殖補助医療での早産と低出生体重児

齊藤英和

前回まで、母と子の妊娠中や分娩時の安全を考えて、胚移植数を原則一つとしていること、また一つの移植でも妊娠率が維持されていることをお話してきま... 続きを読む

島根)松江市東出雲町で銘菓宅配 「良いお年を」

【ニュース】介護・高齢者 2014年12月18日 

島根)松江市東出雲町で銘菓宅配 「良いお年を」

 松江市東出雲町で17日、町内の65歳以上の一人暮らしを対象にした年末の「銘菓お届けサービス」があった。地区社会福祉協議会が毎年行っており、... 続きを読む

《冬の子どもの感染症》 「かぜ」で済まさず早めに受診

【体とこころの通信簿】病気・薬 2014年12月18日 NEW

《冬の子どもの感染症》 「かぜ」で済まさず早めに受診

朝日新聞

【寺崎省子】 発熱や鼻水、のどの痛みなどの症状が子どもに出た時、「かぜかな?」で済まさずに、特に注意が必要な感染症があります。インフルエン... 続きを読む

  • STAP検証実験打ち切り 小保方氏・理研、確認できず
  • 精神科病院を考える ㊤ 回復は社会生活の中で ロベルト・メッツィーナさん
  • 《25》 生殖補助医療での早産と低出生体重児
  • 島根)松江市東出雲町で銘菓宅配 「良いお年を」
  • 《冬の子どもの感染症》 「かぜ」で済まさず早めに受診

アピタル健康相談

健康相談一覧

骨粗鬆症で腰が曲がった

【答える人】遠藤健司さん 東京医科大学講師(整形外科学)

腎動脈瘤が見つかった

【答える人】田邉一成さん 東京女子医科大学教授(泌尿器科学)

金属アレルギーでひび割れる

【答える人】中山秀夫さん 中山皮膚科クリニック院長

腕の付け根が痛む

【答える人】内田研造さん 福井大医学部准教授(整形外科)

片頭痛で薬を減らせない

【答える人】橋本しをりさん 沢田はしもと内科院長(神経内科)

足の長さが左右で違う

【答える人】田中健之さん 東京大学病院整形外科助教

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ