STAPへ冷めた視線 外部研究者「ないと言っていい」

【ニュース】制度・課題 2014年8月28日 NEW

STAPへ冷めた視線 外部研究者「ないと言っていい」

STAP細胞はあるのかないのか――27日発表した検証実験の中間報告で、理化学研究所は判断を示さなかった。存在を確認できないのに、実験を継続す... 続きを読む

《13》 年齢別に見た妊産婦の死亡率

【男女で知って欲しい「妊活」】判断法を学ぶ 2014年8月28日 NEW

《13》 年齢別に見た妊産婦の死亡率

齊藤英和

今回は妊産婦死亡率から見た妊娠適齢期について考えてみます。妊産婦死亡とは、正確には妊娠中又は妊娠終了後満42日未満の死亡で、妊娠の期間及び部... 続きを読む

千葉)柏の「ナノキャリア」、抗がん剤製品化の動き加速

【ニュース】病気・薬 2014年8月28日 NEW

千葉)柏の「ナノキャリア」、抗がん剤製品化の動き加速

柏市で育った創薬ベンチャー「ナノキャリア」が、6月に本社建物を同市に構え、副作用の少ない抗がん剤の製品化へ、動きを加速させている。早ければ2... 続きを読む

《場面かんもく》 子どもの不安、早めの支援を

【体とこころの通信簿】出産・育児 2014年8月28日 NEW

《場面かんもく》 子どもの不安、早めの支援を

朝日新聞

【医療ジャーナリスト・福原麻希】 家では家族と自然に話したり、元気に遊んだりできるのに、園や学校では一転して話せなくなる。こんな状態を「場... 続きを読む

鳥取)手術支援ロボを導入 鳥取赤十字病院が9月から

【ニュース】病気・薬 2014年8月28日 NEW

鳥取)手術支援ロボを導入 鳥取赤十字病院が9月から

鳥取赤十字病院(鳥取市尚徳町)は内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチS」を導入し、27日に報道関係者に公開した。患者の負担軽減につながるとし、... 続きを読む

  • STAPへ冷めた視線 外部研究者「ないと言っていい」
  • 《13》 年齢別に見た妊産婦の死亡率
  • 千葉)柏の「ナノキャリア」、抗がん剤製品化の動き加速
  • 《場面かんもく》 子どもの不安、早めの支援を
  • 鳥取)手術支援ロボを導入 鳥取赤十字病院が9月から

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

頭部に髄膜腫見つかり不安

【答える人】浅井昭雄さん 関西医科大主任教授(脳神経外科)

両耳の脇に小さな穴が

【答える人】谷口雄一郎さん 聖マリアンナ医科大学准教授(耳鼻咽喉〈いんこう〉科)=川崎市宮前区

6歳の娘、鼻づまり・せき続く

【答える人】神尾友信さん 神尾記念病院院長

浮き出た足の静脈から出血

【答える人】佐藤紀さん 埼玉医科大総合医療センター教授(血管外科)=埼玉県川越市

36歳、白内障になり不安

【答える人】高橋浩さん 日本医科大教授(眼科)

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ