《最期を家で 過疎地の挑戦・上》 現実引き受ける覚悟 患者の生活に合ったケアを

【医療連載】終末期 2014年7月23日 NEW

《最期を家で 過疎地の挑戦・上》 現実引き受ける覚悟 患者の生活に合ったケアを

朝日新聞

【南宏美】 病院で死ぬことが当たり前になって久しい日本。だが、多くの人は家での最期を望んできた。医療や介護の需要が急増する2025年以降に... 続きを読む

心臓病の子にシート貼り治療 阪大、18歳未満では初

【ニュース】病気・薬 2014年7月23日 NEW

心臓病の子にシート貼り治療 阪大、18歳未満では初

 大阪大は23日、重い心臓病の子どもに筋肉の細胞をもとに作った「細胞シート」を移植する臨床研究を実施し、心機能が改善したと発表した。成人では... 続きを読む

患者さんと共に考える 期待される医療者とは?

【のぶさんの患者道場】制度・課題 2014年7月23日 NEW

患者さんと共に考える 期待される医療者とは?

鈴木信行

今回の「のぶさんの患者道場」は、いつものペイシェントサロンの学びからではなく、そこから派生したイベントについて紹介します。 以前、患者たちの... 続きを読む

STAP細胞解析結果は誤り 若山氏、会見内容を訂正

【ニュース】制度・課題 2014年7月23日 

STAP細胞解析結果は誤り 若山氏、会見内容を訂正

 STAP細胞問題をめぐり、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)は22日、若山照彦山梨大教授がつくりCDBに保管されていたS... 続きを読む

患者が「知り」「学び」「集う」場を! 長年の想い、秋葉原で実現

【こちらアピタルです】病気・薬 2014年7月23日 NEW

患者が「知り」「学び」「集う」場を! 長年の想い、秋葉原で実現

アピタル編集部

がんを「知る」「学ぶ」「集う」をテーマにしたイベント「アキバ・キャンサー・フォーラム2014」が8月9日(土)、東京・秋葉原の「秋葉原UD... 続きを読む

  • 《最期を家で 過疎地の挑戦・上》 現実引き受ける覚悟 患者の生活に合ったケアを
  • 心臓病の子にシート貼り治療 阪大、18歳未満では初
  • 患者さんと共に考える 期待される医療者とは?
  • STAP細胞解析結果は誤り 若山氏、会見内容を訂正
  • 患者が「知り」「学び」「集う」場を! 長年の想い、秋葉原で実現

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

6歳の娘、鼻づまり・せき続く

【答える人】神尾友信さん 神尾記念病院院長

浮き出た足の静脈から出血

【答える人】佐藤紀さん 埼玉医科大総合医療センター教授(血管外科)=埼玉県川越市

36歳、白内障になり不安

【答える人】高橋浩さん 日本医科大教授(眼科)

人間ドックで「水腎症の疑い」

【答える人】大家基嗣さん 慶応大学病院泌尿器科教授

運動で足首を疲労骨折

【答える人】熊井司さん 奈良県立医科大学スポーツ医学講座教授

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ