認知症の徘徊、家族の責任どこまで

【アピタルなび】介護・高齢者 2014年4月25日 NEW

認知症の徘徊、家族の責任どこまで

アピタル編集部

 認知症の男性(当時91歳)が徘徊中、JR東海道線の列車にはねられて亡くなるという悲しい事故が、愛知県でありました。  事故後、JR東海は男... 続きを読む

がん患者、歩いて応援 10月、近江八幡で県内初開催 滋賀

【リレー・フォー・ライフ】病気・薬 2014年4月25日 NEW

がん患者、歩いて応援 10月、近江八幡で県内初開催 滋賀

朝日新聞

 がん患者や家族、友人らがタスキをつなぎ、夜通し歩き続けるイベント「リレー・フォー・ライフ」(RFL)が10月25日、近江八幡市沖島町宮ケ浜... 続きを読む

人工透析、使わぬ選択も 患者側への説明手順、学会が決定

【もっと医療面】終末期 2014年4月25日 NEW

人工透析、使わぬ選択も 患者側への説明手順、学会が決定

 人工透析は、腎機能が低下した患者の命をつなぐ治療法だ。血液をきれいにし、出なくなった尿のかわりに不要な水分を取り除く。しかし、全身の状態... 続きを読む

《反響編》 国保滞納、差し押さえ 困窮者おののく「赤紙」

【医療連載】制度・課題 2014年4月24日 

《反響編》 国保滞納、差し押さえ 困窮者おののく「赤紙」

朝日新聞

【鳴沢大、松浦新】 連載でお伝えした「国民健康保険滞納、差し押さえ急増」(3月7日付朝刊)に多くのご意見が寄せられました。これらをもとに取... 続きを読む

福島)「住民帰還の呼び水に」南相馬・小高病院が再開

【ニュース】病気・薬 2014年4月24日 

福島)「住民帰還の呼び水に」南相馬・小高病院が再開

「心の中にぽっと明かりがついたようだ」――。23日、東京電力福島第一原発事故による国の避難指示区域の病院としては初めて診療を再開した、南相馬... 続きを読む

  • 認知症の徘徊、家族の責任どこまで
  • がん患者、歩いて応援 10月、近江八幡で県内初開催 滋賀
  • 人工透析、使わぬ選択も 患者側への説明手順、学会が決定
  • 《反響編》 国保滞納、差し押さえ 困窮者おののく「赤紙」
  • 福島)「住民帰還の呼び水に」南相馬・小高病院が再開

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

手足の爪が伸びない

【答える人】東禹彦さん 東皮フ科医院長

食事中、鼻水が大量に出る

【答える人】後藤穣さん 日本医科大学多摩永山病院耳鼻咽喉科部長

自分の意識に実感持てない

【答える人】岡野憲一郎さん 国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)

子どもの口がにおう

【答える人】川口陽子さん 東京医科歯科大学大学院教授・息さわやか外来

6歳になる孫、サ行言えない

【答える人】守本倫子さん 国立成育医療研究センター耳鼻咽喉(いん・こう)科医長

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ