笹井氏「論文仕上げに協力しただけ」 STAP巡り会見

【ニュース】制度・課題 2014年4月17日 NEW

笹井氏「論文仕上げに協力しただけ」 STAP巡り会見

STAP細胞の論文に関する疑惑が浮上してから約2カ月。問題発覚後、主要著者で唯一、公の場で説明していなかった理化学研究所の発生・再生科学総合... 続きを読む

管理職、有休使い親元へ500キロ

【大介護時代】介護・高齢者 2014年4月17日 NEW

管理職、有休使い親元へ500キロ

朝日新聞

 会社の屋台骨を支える40代、50代の管理職世代は、親の老いと向き合う介護世代でもある。  企業や自治体の情報システムなどの開発・運営を請け... 続きを読む

《急な視力低下》 動脈硬化で網膜に出血・むくみ

【体とこころの通信簿】健康・予防 2014年4月17日 NEW

《急な視力低下》 動脈硬化で網膜に出血・むくみ

朝日新聞

【斎藤義浩】 朝から何となく目がかすみ、新聞の文字が部分的にゆがんで見える――。目を酷使したわけでもないのに、突然、視力が落ちることがあり... 続きを読む

家族に負担かけたくない ALSの呼吸器、揺れる選択

【ニュース】介護・高齢者 2014年4月17日 NEW

家族に負担かけたくない ALSの呼吸器、揺れる選択

 昨年12月3日正午すぎ、滋賀県守山市の県立成人病センターに救急搬送された明美さん(60)は、肺炎で呼吸不全に陥っていた。 意識もうろうのま... 続きを読む

兵庫)救急救命士の医療行為拡大 神戸で運用開始

【ニュース】制度・課題 2014年4月17日 

兵庫)救急救命士の医療行為拡大 神戸で運用開始

神戸市消防局が今月から、救急搬送中に救急救命士が行うことができる医療行為の範囲を広げた。国の制度改正を受けた措置。病院到着前に意識障害のある... 続きを読む

  • 笹井氏「論文仕上げに協力しただけ」 STAP巡り会見
  • 管理職、有休使い親元へ500キロ
  • 《急な視力低下》 動脈硬化で網膜に出血・むくみ
  • 家族に負担かけたくない ALSの呼吸器、揺れる選択
  • 兵庫)救急救命士の医療行為拡大 神戸で運用開始

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

食事中、鼻水が大量に出る

【答える人】後藤穣さん 日本医科大学多摩永山病院耳鼻咽喉科部長

自分の意識に実感持てない

【答える人】岡野憲一郎さん 国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)

子どもの口がにおう

【答える人】川口陽子さん 東京医科歯科大学大学院教授・息さわやか外来

6歳になる孫、サ行言えない

【答える人】守本倫子さん 国立成育医療研究センター耳鼻咽喉(いん・こう)科医長

乾癬と心臓病の関係が心配

【答える人】向井秀樹さん 東邦大学医療センター大橋病院皮膚科教授

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ