STAP細胞論文問題、これまでの経緯(過去記事一覧)

栃木)いのちの電話、相談員増 現役世代の男性も

【ニュース】判断法を学ぶ 2014年12月20日 NEW

栃木)いのちの電話、相談員増 現役世代の男性も

朝日新聞

自殺予防を目的に様々な悩み相談に応じる「いのちの電話」。相談員の減少に悩む都道府県が多い中、栃木ではかつて少数だった現役世代の男性相談員も増... 続きを読む

小保方流「コツ」解明できず 24時間監視の再現実験室

【ニュース】制度・課題 2014年12月19日 NEW

小保方流「コツ」解明できず 24時間監視の再現実験室

朝日新聞

STAP細胞の有無について、理化学研究所は納得いく説明ができたのか。19日、理研が開いた記者会見では「再現できなかった」と繰り返すのみで、歯... 続きを読む

⑥ 病気をしたから今がある

【ファイル】制度・課題 2014年12月20日 NEW

⑥ 病気をしたから今がある

朝日新聞

【芳垣文子】 「授業がつまらない」「だるい」「眠い」。中学生や高校生が教室でそんな愚痴をこぼす光景はめずらしくない。  埼玉県の高校3年生... 続きを読む

《25》 生殖補助医療での早産と低出生体重児

【男女で知って欲しい「妊活」】出産・育児 2014年12月18日 

《25》 生殖補助医療での早産と低出生体重児

齊藤英和

前回まで、母と子の妊娠中や分娩時の安全を考えて、胚移植数を原則一つとしていること、また一つの移植でも妊娠率が維持されていることをお話してきま... 続きを読む

女性ホルモン剤、副作用知ろう まれに血栓症、兆候発見カギ

【もっと医療面】病気・薬 2014年12月19日 NEW

女性ホルモン剤、副作用知ろう まれに血栓症、兆候発見カギ

朝日新聞

【竹石涼子】 女性ホルモン製剤である避妊目的の低用量ピルや月経困難症などの治療薬LEP製剤は、副作用で血栓症を起こすことがまれにある。死亡... 続きを読む

  • 栃木)いのちの電話、相談員増 現役世代の男性も
  • 小保方流「コツ」解明できず 24時間監視の再現実験室
  • ⑥ 病気をしたから今がある
  • 《25》 生殖補助医療での早産と低出生体重児
  • 女性ホルモン剤、副作用知ろう まれに血栓症、兆候発見カギ

アピタル健康相談

健康相談一覧

骨粗鬆症で腰が曲がった

【答える人】遠藤健司さん 東京医科大学講師(整形外科学)

腎動脈瘤が見つかった

【答える人】田邉一成さん 東京女子医科大学教授(泌尿器科学)

金属アレルギーでひび割れる

【答える人】中山秀夫さん 中山皮膚科クリニック院長

腕の付け根が痛む

【答える人】内田研造さん 福井大医学部准教授(整形外科)

片頭痛で薬を減らせない

【答える人】橋本しをりさん 沢田はしもと内科院長(神経内科)

足の長さが左右で違う

【答える人】田中健之さん 東京大学病院整形外科助教

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ