死を学び、命を知った 関学大、死生学ゼミ

【ファイル】終末期 2015年3月30日 NEW

死を学び、命を知った 関学大、死生学ゼミ

卒業の春。命のありようを問う「死生学」で知られる藤井美和・関西学院大学教授のゼミで、この春10人に卒業証書が手渡された。生涯の思い出の食卓... 続きを読む

腹腔鏡手術、安全どう確保

【ファイル】病気・薬 2015年3月30日 NEW

腹腔鏡手術、安全どう確保

おなかに数個の穴を開け、内部をビデオカメラで見ながら医師が器具を操作してがんなどを治療をする腹腔鏡(ふくくうきょう)手術。おなかを切り開く... 続きを読む

質の高いケアへ 横浜市の在宅医療連携拠点事業 2025年問題 

【迫る2025ショック】制度・課題 2015年3月30日 NEW

質の高いケアへ 横浜市の在宅医療連携拠点事業 2025年問題 

団塊の世代が75歳以上になり医療・介護の提供が追いつかなくなる「2025年問題」。それに備え横浜市は「在宅医療連携拠点事業」=キーワード=... 続きを読む

発達障害の若者に仕事を ひきこもりだった34歳の場合

【各地から】制度・課題 2015年3月30日 NEW

発達障害の若者に仕事を ひきこもりだった34歳の場合

発達障害=キーワード=に気づかないまま社会に出た若者の就労支援が、自治体で課題になっている。支援には何が必要なのか――。専門家によるネット... 続きを読む

STAP、解明なき幕引き 理研、「対応の終結」を宣言

【ファイル】制度・課題 2015年3月30日 NEW

STAP、解明なき幕引き 理研、「対応の終結」を宣言

朝日新聞

「生物学の常識を覆す」と言われた華々しい発表から、研究内容の全面否定へ。1年以上にわたり日本の科学界を揺るがし続けたSTAP細胞論文の研究... 続きを読む

  • 死を学び、命を知った 関学大、死生学ゼミ
  • 腹腔鏡手術、安全どう確保
  • 質の高いケアへ 横浜市の在宅医療連携拠点事業 2025年問題 
  • 発達障害の若者に仕事を ひきこもりだった34歳の場合
  • STAP、解明なき幕引き 理研、「対応の終結」を宣言

アピタル健康相談

健康相談一覧

孫の乗り物酔いがひどい

【答える人】武井泰彦さん 北里大学北里研究所病院耳鼻咽喉科部長

転倒後、「肺に水」

【答える人】金沢実さん 埼玉医科大学病院長(呼吸器内科)

レーシック後、冬に視力低下

【答える人】森秀樹さん 厚生中央病院眼科診療科長

激しい腹痛後、血便

【答える人】辻川知之さん 東近江総合医療センター副院長

手足の指、冷えると紫色に

【答える人】井上芳徳さん 東京医科歯科大学病院血管外科長

膀胱炎を繰り返す

【答える人】木村明さん 木村泌尿器皮膚科院長

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ