「脱法」改め「危険ドラッグ」 警察庁と厚労省が新名称

【ニュース】制度・課題 2014年7月22日 NEW

「脱法」改め「危険ドラッグ」 警察庁と厚労省が新名称

社会問題化している脱法ドラッグについて警察庁と厚生労働省は22日、新たな名称を「危険ドラッグ」に決めたと発表した。麻薬以上に興奮や幻覚作用が... 続きを読む

学校へのBLS導入と「ASUKAモデル」

【減らせ突然死 ~AED10年目の想い~】制度・課題 2014年7月22日 NEW

学校へのBLS導入と「ASUKAモデル」

桐淵博

「ASUKAモデル」は、2011年9月30日に亡くなった桐田明日香さんからお名前を借りて作られた、教職員用のテキストです。 元気で明るく、... 続きを読む

化学療法で生活の質を守る 「がんと化学療法」講師・古瀬純司さん

【がん夜間学校】病気・薬 2014年7月22日 NEW

化学療法で生活の質を守る 「がんと化学療法」講師・古瀬純司さん

アピタル編集部

 かつてのがん治療では、手術でがんを徹底的に取るのが普通でした。臓器を失うことで患者のQOL(生活の質)が多少落ちたとしても、とにかく「命... 続きを読む

セカンドオピニオン・悩み相談… 不安解消、情報が助け

【がん新時代】病気・薬 2014年7月22日 NEW

セカンドオピニオン・悩み相談… 不安解消、情報が助け

朝日新聞

【土肥修一】 がんと診断されれば、不安や疑問を抱くのは当然。「診断は正しいのか?」「どこで治療を受けるのがよいのか?」。だからこそ、適切な... 続きを読む

震災と透析

【患者を生きる】制度・課題 2014年7月22日 NEW

震災と透析

朝日新聞

 2011年3月22日、宮城県中部の航空自衛隊松島基地。県北部の気仙沼市の市立病院などで人工透析を受ける患者44人が、空自の輸送機に乗り込... 続きを読む

  • 「脱法」改め「危険ドラッグ」 警察庁と厚労省が新名称
  • 学校へのBLS導入と「ASUKAモデル」
  • 化学療法で生活の質を守る 「がんと化学療法」講師・古瀬純司さん
  • セカンドオピニオン・悩み相談… 不安解消、情報が助け
  • 震災と透析

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

6歳の娘、鼻づまり・せき続く

【答える人】神尾友信さん 神尾記念病院院長

浮き出た足の静脈から出血

【答える人】佐藤紀さん 埼玉医科大総合医療センター教授(血管外科)=埼玉県川越市

36歳、白内障になり不安

【答える人】高橋浩さん 日本医科大教授(眼科)

人間ドックで「水腎症の疑い」

【答える人】大家基嗣さん 慶応大学病院泌尿器科教授

運動で足首を疲労骨折

【答える人】熊井司さん 奈良県立医科大学スポーツ医学講座教授

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ