骨と関節の病気 予防と治療:17 脊髄腫瘍

【弘前大学企画】病気・薬 2015年6月30日 NEW

骨と関節の病気 予防と治療:17 脊髄腫瘍

脊髄(せきずい)は脳から脊柱管(せきちゅうかん)という背骨の中を通って伸びている太い神経で、痛みなどの感覚や運動の命令を伝える「電線」の役... 続きを読む

《喉頭がん:4》 全摘出でも訓練で発声可能に

【医の手帳】病気・薬 2015年6月28日 

《喉頭がん:4》 全摘出でも訓練で発声可能に

松山洋

喉頭(こうとう)がんの治療後の後遺症は様々ですが、特に「喉頭全摘術」によって起こる最も大きな障害は声を失うことです。こうなると筆談、電気喉... 続きを読む

がん 陽子線という選択

【患者を生きる】病気・薬 2015年6月29日 

がん 陽子線という選択

鹿児島県に住む女性(67)は2011年1月、胃の左のあたりに重いような違和感を覚え、かかりつけの地元の病院に出向いた。 CT検査で、膵臓(... 続きを読む

骨髄ドナー減少続く 高齢化、登録抹消に拍車/北海道

【各地から】制度・課題 2015年6月29日 

骨髄ドナー減少続く 高齢化、登録抹消に拍車/北海道

白血病などの治療に有効な骨髄移植=キーワード=のドナー(提供者)が道内で減り続けている。かつてはドナー数全国トップだったが、高齢化したドナ... 続きを読む

「嘉納治五郎と樺太」ドラマ結実

【けんこう処方箋】健康・予防 2015年6月30日 NEW

「嘉納治五郎と樺太」ドラマ結実

萩原正和

歓声が響く道場の正面には講道館柔道の創始者、嘉納治五郎師範の写真が掲げられていた。畳の上で繰り広げられる攻防――。勝敗が決まると、青い目の... 続きを読む

  • 骨と関節の病気 予防と治療:17 脊髄腫瘍
  • 《喉頭がん:4》 全摘出でも訓練で発声可能に
  • がん 陽子線という選択
  • 骨髄ドナー減少続く 高齢化、登録抹消に拍車/北海道
  • 「嘉納治五郎と樺太」ドラマ結実

アピタル健康相談

健康相談一覧

メニエール病が良くならない

【答える人】新井基洋さん 横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉(いんこう)科部長

半年前から舌が黒くなった

【答える人】阪口英夫さん 陵北病院歯科診療部長

指しゃぶりをやめない

【答える人】井上美津子さん 昭和大客員教授(小児歯科)

血圧が低い

【答える人】渡辺尚彦さん 東京女子医科大学東医療センター内科教授

心房中隔欠損症と診断された

【答える人】小野博さん 国立成育医療研究センター循環器科医長

赤ちゃんの唇に赤い腫れ

【答える人】吉岡直人さん 大阪府立母子保健総合医療センター形成外科主任部長

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ