皮膚の副作用、日常ケアで防ぐ 「がんと脱毛・皮膚」講師、山崎直也さん

【がん夜間学校】病気・薬 2014年10月 2日 NEW

皮膚の副作用、日常ケアで防ぐ 「がんと脱毛・皮膚」講師、山崎直也さん

山崎直也

 がん細胞を狙う「分子標的薬」は、皮膚に副作用が出やすい薬です。標的とする分子は細胞分裂が激しいがん細胞に多くありますが、新陳代謝が活発な... 続きを読む

乳がん薬物療法

【アキバ・キャンサー・フォーラム】病気・薬 2014年10月 2日 NEW

乳がん薬物療法

佐々木康綱

乳がん薬物療法 世界の潮流 乳がんの薬物療法はがん遺伝子のタイプによってそれぞれ異なります。新たな薬剤も承認され、治療の選択肢も増えてきまし... 続きを読む

食物アレルギー、皮膚からも

【けんこう処方箋】出産・育児 2014年10月 2日 NEW

食物アレルギー、皮膚からも

渡辺徹

 乳児から大人までの幅広い年代で、食物アレルギーが大きな問題となっている。  北海道では1988年、そばアレルギーの児童が学校給食でそばを食... 続きを読む

抗がん剤、極小カプセル化に成功 副作用軽減に効果

【ニュース】病気・薬 2014年10月 2日 NEW

抗がん剤、極小カプセル化に成功 副作用軽減に効果

岡山大と岡山理科大の共同研究グループは、複数のがんの標準治療薬になっている抗がん剤を極小の「人工カプセル」に封じ込め、がん細胞内に効率よく送... 続きを読む

《肺の病気「COPD」》 せき・たん兆候、欠かせぬ禁煙

【体とこころの通信簿】病気・薬 2014年10月 2日 NEW

《肺の病気「COPD」》 せき・たん兆候、欠かせぬ禁煙

朝日新聞

【錦光山雅子】 たばこを長年吸っていると、せきやたんが出やすくなります。慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)の兆候かもしれません。早く... 続きを読む

  • 皮膚の副作用、日常ケアで防ぐ 「がんと脱毛・皮膚」講師、山崎直也さん
  • 乳がん薬物療法
  • 食物アレルギー、皮膚からも
  • 抗がん剤、極小カプセル化に成功 副作用軽減に効果
  • 《肺の病気「COPD」》 せき・たん兆候、欠かせぬ禁煙

アピタル健康相談

ご相談受付中

健康相談一覧

5歳の孫、首が動かなくなる

【答える人】石井賢さん 慶応大学講師(整形外科)

薬飲んだら、ぜんそく症状が

【答える人】福永興壱さん 慶応大学病院呼吸器内科講師

頭部に髄膜腫見つかり不安

【答える人】浅井昭雄さん 関西医科大主任教授(脳神経外科)

両耳の脇に小さな穴が

【答える人】谷口雄一郎さん 聖マリアンナ医科大学准教授(耳鼻咽喉〈いんこう〉科)=川崎市宮前区

6歳の娘、鼻づまり・せき続く

【答える人】神尾友信さん 神尾記念病院院長

「小児ぜんそく」気を付けることは

勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

【答える人】勝沼俊雄・東京慈恵会医科大学付属第三病院小児科准教授

小児ぜんそくの専門家。「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」の作製にあたる。ぜんそく治療は長期にわたるが、明快な展望を示し、励みになる助言をしてくれる。

「乳がん」と診断されたら

山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

【答える人】山内英子・聖路加国際病院・乳腺外科 ブレストセンター長

患者の声に耳を傾け、患者に勇気と希望を与える診療が評判だ。アピタル乳がん夜間学校でも講師を担当、非常にわかりやすい説明で人気がある。

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ