ご意見募集中 「わたしも言いたい!」。トピックスやテーマ別にみなさんの投稿をお待ちしています。募集中のテーマや投稿方法は、ここをクリックしてください。

心臓に貼り薬、血管の再生促す 大阪大が6月から治験

【ニュース】病気・薬 2015年1月31日 NEW

心臓に貼り薬、血管の再生促す 大阪大が6月から治験

大阪大学は30日、重い心不全の患者に、薬を使って心臓の血管再生を促す治験を6月から始めると発表した。傷んだ組織などを再生させる治療に、薬を用... 続きを読む

(銀の街から) 「おみおくりの作法」 沢木耕太郎

【ファイル】終末期 2015年1月31日 NEW

(銀の街から) 「おみおくりの作法」 沢木耕太郎

朝日新聞

 これは、普通の人が普通のこととして行っている行為が、いつの間にか私たちには特別な人が行う特別な行為のように見えてくる、という不思議な物語... 続きを読む

けが治療に“高気圧部屋”

【ファイル】判断法を学ぶ 2015年1月31日 NEW

けが治療に“高気圧部屋”

朝日新聞

 【斎藤孝則】 捻挫や打撲、肉離れ――ラグビーなど激しくぶつかり合う競技や柔道、レスリングといった格闘技では、スポーツ外傷を未然に防ぐこと... 続きを読む

小林純也さん ボクサーから理学療法士になった

【ファイル】判断法を学ぶ 2015年1月31日 NEW

小林純也さん ボクサーから理学療法士になった

 シャドーボクシングの最中に急に音が消えた。右側の体が沈む。  23歳、ボクサーのプロテストを目指して練習していたときだった。病院に運ばれ... 続きを読む

認知症、共生の時代 10年後に700万人 国家戦略策定

【ファイル】病気・薬 2015年1月31日 NEW

認知症、共生の時代 10年後に700万人 国家戦略策定

 【久永隆一、立松真文、畑山敦子】 65歳以上の5人に1人、約700万人が認知症。国の推計によれば、いまから10年後、私たちはそんな社会を... 続きを読む

  • 心臓に貼り薬、血管の再生促す 大阪大が6月から治験
  • (銀の街から) 「おみおくりの作法」 沢木耕太郎
  • けが治療に“高気圧部屋”
  • 小林純也さん ボクサーから理学療法士になった
  • 認知症、共生の時代 10年後に700万人 国家戦略策定

アピタル健康相談

健康相談一覧

耳鳴り・耳詰まりが治らない

【答える人】大島猛史さん 日本大学板橋病院耳鼻咽喉(いん・こう)科部長

足指のイボが治らない

【答える人】本田まりこさん まりこの皮フ科院長

過剰歯が見つかった

【答える人】仲野和彦さん 大阪大学大学院歯学研究科教授(小児歯科学)

身長が伸びない

【答える人】安達昌功さん 神奈川県立こども医療センター部長(内分泌代謝科)

骨粗鬆症で腰が曲がった

【答える人】遠藤健司さん 東京医科大学講師(整形外科学)

腎動脈瘤が見つかった

【答える人】田邉一成さん 東京女子医科大学教授(泌尿器科学)

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ