《認知症:1》 年齢とともに増え、国内では推計500万人超す

【医の手帳】介護・高齢者 2015年8月 2日 NEW

《認知症:1》 年齢とともに増え、国内では推計500万人超す

西澤正豊

今回から8回にわたって認知症を取り上げます。認知症とは、一度は正常に発達した認知機能が脳の病気のために持続的に低下し、日常生活や社会生活に... 続きを読む

往復1000キロの遠距離介護、孤立無援

【迫る2025ショック】介護・高齢者 2015年8月 2日 NEW

往復1000キロの遠距離介護、孤立無援

団塊の世代が75歳以上になる2025年には、介護が必要な高齢者が爆発的に増え、介護施設の供給が追いつかなくなるとみられている。遠方にいる親... 続きを読む

夏山の季節、目立つ高齢者の病死・体力不足

【ニュース】健康・予防 2015年8月 2日 NEW

夏山の季節、目立つ高齢者の病死・体力不足

梅雨明けとともに、北アルプスなど県内の山岳地域は夏山最盛期を迎えた。全国から大勢の登山者が上高地などの登山口を訪れているが、山岳遭難も多発... 続きを読む

労働時間「過少申告させられた」 夫過労死

【ファイル】健康・予防 2015年8月 2日 NEW

労働時間「過少申告させられた」 夫過労死

会社員の夫(当時57)が過労でうつ病になって自殺したのは、自己申告制だった労働時間の過少報告を余儀なくされ、長時間残業を強いられたためだと... 続きを読む

遺伝子異常調べ、抗がん剤選択 米で試験へ 別の臓器向けでも効く可能性

【ファイル】病気・薬 2015年8月 2日 NEW

遺伝子異常調べ、抗がん剤選択 米で試験へ 別の臓器向けでも効く可能性

朝日新聞

米国立保健研究所(NIH)は、がん細胞の遺伝子を解析して、効き目の高い抗がん剤を選ぶ新しい治療法の開発に乗り出す。胃や肺など臓器ごとに開発... 続きを読む

  • 《認知症:1》 年齢とともに増え、国内では推計500万人超す
  • 往復1000キロの遠距離介護、孤立無援
  • 夏山の季節、目立つ高齢者の病死・体力不足
  • 労働時間「過少申告させられた」 夫過労死
  • 遺伝子異常調べ、抗がん剤選択 米で試験へ 別の臓器向けでも効く可能性

アピタル健康相談

健康相談一覧

9歳、おねしょが治らない

【答える人】大友義之さん 順天堂大学練馬病院先任准教授(小児科)

鼻血がよく出る

【答える人】石戸谷淳一さん 石戸谷耳鼻咽喉(いんこう)科院長

11歳、チック症と診断

【答える人】飯田信也さん 大阪市立総合医療センター児童青年精神科部長

メニエール病が良くならない

【答える人】新井基洋さん 横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉(いんこう)科部長

半年前から舌が黒くなった

【答える人】阪口英夫さん 陵北病院歯科診療部長

指しゃぶりをやめない

【答える人】井上美津子さん 昭和大客員教授(小児歯科)

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ