(がん新時代:71)免疫の力、高める新薬 手術できない皮膚がんに昨年承認

【がん新時代】判断法を学ぶ 2015年4月28日 NEW

(がん新時代:71)免疫の力、高める新薬 手術できない皮膚がんに昨年承認

免疫の仕組みを利用した免疫療法は、手術、抗がん剤、放射線に次ぐ、がんの第4の治療法と期待されている。昨秋、皮膚がんの一つ「悪性黒色腫(メラ... 続きを読む

増加の一途「足病変」

【弘前大学企画】病気・薬 2015年4月28日 NEW

増加の一途「足病変」

皆さんは「壊疽(えそ)」という言葉を知っていますか。 皮膚に細菌が感染して化膿(かのう)し、体の一部が腐ってしまった状態のことをいいます。... 続きを読む

ちょい高めの血圧ご用心 心房細動の恐れ1.7倍 国循

【ニュース】健康・予防 2015年4月27日 NEW

ちょい高めの血圧ご用心 心房細動の恐れ1.7倍 国循

脳梗塞(のうこうそく)を起こす大きな要因として、近年注目されている不整脈の一種「心房細動」は、肥満に、ちょっと高めの血圧が重なるだけで、なり... 続きを読む

薬のことで振り回されない方法はあるの?

【メディカル玉手箱】健康・予防 2015年4月23日 

薬のことで振り回されない方法はあるの?

渡辺千鶴

「もしもし」。ナオコさんは、おそるおそる父親(80歳)からの電話を取りました。 「ナオコ、今度の週末に帰って来られないか。最近、薬がのどに... 続きを読む

漢方薬が気になる

【ファイル】判断法を学ぶ 2015年4月27日 

漢方薬が気になる

《最近、漢方薬に興味があります。西洋医学との違い、身近な漢方薬、漢方の基本となる考え方などを教えてください。 群馬県藤岡市・土屋政江さん(... 続きを読む

  • (がん新時代:71)免疫の力、高める新薬 手術できない皮膚がんに昨年承認
  • 増加の一途「足病変」
  • ちょい高めの血圧ご用心 心房細動の恐れ1.7倍 国循
  • 薬のことで振り回されない方法はあるの?
  • 漢方薬が気になる

アピタル健康相談

健康相談一覧

指の関節が赤くはれる

【答える人】福本恵三さん 埼玉成恵会病院・埼玉手外科研究所長

足の付け根にふくらみ

【答える人】稲葉毅さん 帝京大学准教授(消化器外科)

食後の嘔吐が続く

【答える人】鈴木秀和さん 慶応大学准教授(消化器内科)

陰茎にできた硬いしこり

【答える人】永尾光一さん 東邦大リプロダクションセンター長

孫の乗り物酔いがひどい

【答える人】武井泰彦さん 北里大学北里研究所病院耳鼻咽喉科部長

転倒後、「肺に水」

【答える人】金沢実さん 埼玉医科大学病院長(呼吸器内科)

ジャンル別ニュース

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ