「STAP細胞 確認できず」 (アピタルなび)

元気のひけつ

甘く見ると危ない冬の脱水症状 ビールで補給は逆効果

朝日新聞 (本紙記事より)

【土肥修一】 脱水症は夏によく聞きますが、冬でも起きることがあります。乾燥した室内で過ごすと、想像以上に体の水分が不足してしまうことがあるようです。ノロウイルスなどの対策としても、冬の水分補給は大切です。


 冬は水分をとる機会が減りがちになるが、神奈川県立保健福祉大栄養学科教授の谷口英喜さんは「夏同様に、こまめな水分補給をしてほしい」と話す。

イラスト拡大<グラフィック・くぬぎ太郎>

 冬は汗をかく量は少なくなるが、水分は皮膚や呼気からも排出されている。

 その量は成人の場合、1日に体重1キロあたり15ミリリットル(乳幼児は25~50ミリリットル)。体重60キロだと、1日900ミリリットルほどの水分が出ていく計算となる。空気が乾燥していれば、さらに増える。

 マンションなど、気密性が高くエアコンを使用する室内の空気は乾燥している。「加湿器を使用しなければ、外より湿度は1~2割ほど低く、体内の水分が失われやすい」と谷口さん。

 体内の水分が減ると、集中力や食欲が低下し、めまいなどの症状があらわれる。脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞(こうそく)の危険も高まるとされる。「食事のときや起床時、就寝前などに1日8回、コップ1杯程度の水分補給を」と谷口さんは呼びかけている。

 水分と言っても、利尿作用が強いアルコール類は逆効果となる。例えばビールは1リットル飲むと1・1リットルの尿が排出されてしまう。アルコール度数が高くなると、さらにその量は増える。

この記事の続きをお読みいただくためには、アピタルのご購読手続きが必要です。

  • ご購読申し込み
  • ログインする

朝日新聞デジタル購読者の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル」を有料購読中の方は、ご利用中のログインID・パスワードで
アピタルのコンテンツをお楽しみいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。
ご病気やご症状、医療機関などに関する個別具体的なご相談にはお答えしかねます。あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ