元気のひけつ

元気のひけつ

元気のひけつ

健康になるための様々なヒントをどうぞ。

愛着持てる色・形選ぶ ランニング用腕時計で「やる気」を維持 2015年5月27日

ダイエットや体力づくりのため、ランニングを始めたけれど、さぼりがちになってませんか? 走るコースや速さを測り、やる気の維持にも役立つランニング用の腕時計が増えています。 □ □ ランニング用をうたっ…続きはこちら

1日15分日光浴も大事 日焼け止め工夫し、紫外線とつき合う 2015年5月20日

5月から8月にかけて、太陽からの紫外線が1年で最も強い時期。日焼け止めや日光浴など、紫外線とのつきあい方をまとめてみました。 □ □ 紫外線が肌に当たると、肌の浅い部分(表皮)で活性酸素ができ、細胞…続きはこちら

野菜スープで健康的にダイエット  2015年5月13日

もうすぐ夏。本格的な薄着の季節を前に、ダイエットを考えている人も多いのでは? しかし、無理な減量は禁物です。今回はバランスの良い食事で健康的にやせる「野菜スープダイエット」に注目してみました。 □ …続きはこちら

使用法守りトラブル防ぐ 中高生で増えるコンタクトレンズ 2015年5月 6日

中高生を中心に、コンタクトレンズ(CL)を使う子どもが増えています。眼鏡よりも視野が広く、見た目もよいといった利点が魅力ですが、使い方を誤ると目のトラブルを引き起こしかねません。CLとの上手な付き合…続きはこちら

だしが命、満足度アップ 減塩・低カロリーは病院食に学べ 2015年4月29日

病院が入院患者らに出す食事のレシピをまとめた料理本が人気です。評判の病院で、おいしく減塩や低カロリーを達成するためのコツを聞きました。 □ □ 「かるしおレシピ」シリーズで知られる、国立循環器病研究…続きはこちら

マダニを防ごう 肌の露出減らすのが肝心 「怖い感染症」を媒介 2015年4月22日

レジャーに山菜採りと、野外に出る機会が増える季節。楽しい思い出にするためにも、蚊やハチなどの昆虫類、ダニやクモなど昆虫以外の節足動物による虫さされは避けたいもの。特にマダニには注意が必要です。 □ …続きはこちら

ウオノメ・タコ、正しく歩いて防ぐ 2015年4月15日

春めいてきました。裸足になる機会が増えますが、足の裏のウオノメやタコが気になります。なぜできるのでしょうか。予防法はあるのでしょうか。 □ □ 「足の裏の一部分に強い圧力がかかり、すれると皮膚の内側…続きはこちら

「食事で摂取」ならOK ビタミンE、サプリだと「過剰」の恐れ 2015年4月 8日

ビタミンEは食事などから取らなければならない必須の栄養素です。不足すれば不妊や肌荒れなどの原因になります。一方、過剰に取ると健康によくないという研究報告も近年見られます。 □ □ 昨年、米政府の諮問…続きはこちら

唾液出し、感染・口臭防ぐ 「あいうべ体操」で口の筋肉強化、鼻呼吸に 2015年4月 1日

普段何げなく口を開けていることはありませんか。人は鼻と口で呼吸できますが、口だけで呼吸をしていると、さまざまな病気になりやすいことが分かってきました。口呼吸を防ぐには意識付けが大切です。無理なく鼻呼…続きはこちら

ポリフェノールに注目 「1日1個のリンゴ」、やはり健康効果 2015年3月25日

最近のマイブームはリンゴ。決して好きではなかったこの果実を盛んに食べるようになったのは、年初に体調を崩したのがきっかけでした。そう、あのことわざを思い出したのです。「1日1個で医者いらず」。 有名な…続きはこちら

手軽におなか引き締め 「あへあほ」かけ声に合わせ腹筋体操 2015年3月18日

ジョギングやウォーキングは長続きしない。激しい運動もやりたくない。でも、年々緩んでくるおなか回りは気になる。そんな方々のために、楽しく腹筋を引き締める体操があります。 札幌市北区のスポーツクラブ。約…続きはこちら

微生物「残すな増やすな」 靴と足、正しくケアしてさわやかに 2015年3月11日

【小林舞子】 足のにおいは、自分であっても他人であっても、気になるもの。季節が変わるこの時期に、改めて自分の足と向き合い、足と靴のケアに臨んでみてはいかがでしょうか。 調査会社「ネオマーケティング」…続きはこちら

血圧下がりすぎに注意 温泉、持病があっても安全に楽しむ 2015年3月 4日

湯けむりが恋しい季節です。身も心も芯から温めてくれる温泉ですが、持病のある人は、温泉の作用が逆効果になることも。体に優しく入る心得を専門家に聞きました。 群馬県の沢渡(さわたり)温泉。無色透明の硫酸…続きはこちら

チーズと結核薬で動悸 サプリ・食品と薬の飲み合わせに注意 2015年2月25日

【甲斐さやか】 「体に良かれ」と思って、口にするサプリメント。でも、薬と一緒に飲んだとき、薬の効果が強まったり、弱まったりすることがあります。サプリや食品と薬との「飲み合わせ」をチェックしました。 …続きはこちら

皮膚への影響に注意を 「ヘアカラーリング」、手軽に安全に 2015年2月18日

【ライター・高山敦子】 ドラッグストアなどで身近に買えるヘアカラーリング製品。髪を好きな色に染められるという手軽さが受けていますが、一方で染毛による皮膚のトラブルも多いようです。自宅でカラーリングを…続きはこちら

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ