「STAP細胞 確認できず」 (アピタルなび)

ニュース

インフルエンザ患者急増、1月末からピークか

小児科でインフルエンザの検査を受ける女児=18日午前9時12分、東京都台東区の柴田小児科、金川雄策撮影小児科でインフルエンザの検査を受ける女児=18日午前9時12分、東京都台東区の柴田小児科、金川雄策撮影

【森本未紀】インフルエンザの患者が全国各地で急増している。国立感染症研究所(東京都)によると、患者数は昨年同時期の2倍に増えており、今月末からA型がピーク入りの可能性が高い。専門家は感染予防の徹底を呼びかけている。

 感染研が調べた最新の1週間(1月7~13日)に全国約5千カ所の医療機関で受診した平均患者数は12・07人と4週連続で増え、全都道府県で前週より上昇した。ウイルス型は、昨年と同様で、A香港型が8割以上を占める。

 例年、冬休み明けから急上昇し一気にA型のピークを迎える。今シーズンは昨年同時期と比べても、患者数の伸びが早い。20歳代以上の患者が65%を占める。

 

この記事の続きをお読みいただくためには、アピタルのご購読手続きが必要です。

  • ご購読申し込み
  • ログインする

朝日新聞デジタル購読者の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル」を有料購読中の方は、ご利用中のログインID・パスワードで
アピタルのコンテンツをお楽しみいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ