「STAP細胞 確認できず」 (アピタルなび)

ニュース

風疹、冬に異例の大流行 1月で年平均患者数超える

風疹の流行の推移風疹の流行の推移

風疹の累計患者数風疹の累計患者数

【森本未紀】風疹が猛威をふるっている。1月だけで、平均的な年間の患者数を超えたほか、大流行した昨年の1月の13倍という流行ぶりだ。妊婦が感染して、心臓などに障害が出た赤ちゃんも昨年から6人が報告された。1年間の報告が2人を超えるのは8年ぶり。厚生労働省は、妊娠を望む女性や夫らに予防接種を急ぐよう、呼びかけている。

 国立感染症研究所の5日の発表によると、最新の1週間(1月21~27日)の風疹患者は76人。1月の累計で254人が報告され、2008年から4年間の平均年間患者数224人を上回った。風疹は春から初夏に多い傾向があり、年間の患者数が2353人と大流行した昨年も1月は19人にとどまっていた。

 流行は首都圏や近畿圏が中心で、若い男性に多いのも特徴だ。女性の3~4倍で、20~40代が8~9割を占める。風疹の予防接種は1994年まで、中学生で女子に限られていた影響とみられる。

 風疹は、患者のせきやくしゃみから感染し発疹や熱などが出る。治療法はないが、一度感染するか予防接種を受けて十分な免疫ができれば、再び感染することはない。妊婦は予防接種を受けられない。

  妊娠初期に感染すると、新生児が難聴や白内障、心臓疾患などの障害を持って生まれる「先天性風疹症候群」になる危険がある。感染研の調べでは、昨年は大阪、兵庫、埼玉、香川で5人、今年に入って大阪で1人の新生児で報告された。

 これを受け、厚生労働省は先月29日、予防接種を呼びかける通知を出した。免疫がない夫から妊婦が感染する危険があり、感染研感染症情報センターの多屋馨子室長は「妊娠希望者だけでなく、夫やその家族も積極的に接種を」と話す。

 また、国が期間限定で中学1年と高校3年を対象に行っていた風疹とはしかの公費の予防接種は今年度で終了する。今年度内なら無料だが、来年度以降は約1万円必要になる。

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ