ファイル

製薬(せいやく)社員が、大学の研究(けんきゅう)に関与したことを伏(ふ)せていた

イラスト拡大

 コブク郎 高血圧(こうけつあつ)の薬(くすり)が問題になってるんだって?

  「ディオバン」という薬の効果(こうか)を調べた臨床研究(りんしょうけんきゅう)の論文(ろんぶん)に、不正(ふせい)があったんじゃないかと疑(うたが)われているんだ。薬を製造(せいぞう)・販売(はんばい)するノバルティスという製薬(せいやく)会社の日本法人が問題があったことを認め、日本医学会や日本医師会という医師の団体も怒(おこ)っている。

  一体何があったの?

  研究は、京都府立医大(きょうとふりついだい)など五つの大学の医師が中心になってやったんだけど、実はノバルティス社の社員2人も関(かか)わっていた。なのに、社員であることを論文では伏(ふ)せていたんだ。

  何がいけないの?

この記事の続きをお読みいただくためには、アピタルのご購読手続きが必要です。

  • ご購読申し込み
  • ログインする

朝日新聞デジタル購読者の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル」を有料購読中の方は、ご利用中のログインID・パスワードで
アピタルのコンテンツをお楽しみいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。
ご病気やご症状、医療機関などに関する個別具体的なご相談にはお答えしかねます。あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る

サイトポリシーリンク個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内サイトマップお問い合わせヘルプ